長野市にあるおさだ法律事務所はあなたの未来のために働く弁護士事務所です。

おさだ法律事務所電話番号 スマホは↑をタップでお電話可能です!

自転車の事故

新型コロナウイルスの影響により自転車を利用したデリバリーサービスが増えているそうです。

 

報道でも自転車に乗った方が車線や信号などを無視して縦横無尽に走行している映像が多数流されています。

 

 

自動車事故の場合、自動車を運転していた人にどのような過失があったのかを推測するために、まずはどれくらいの時速だったかが重要となります。

 

その速度だとアクセルからブレーキに踏みかえて車体が完全に停止するまでにどれくらいの距離が必要か、というものを推測していきます。

 

そしてどの地点で危険だと感じたかを聞き出し、衝突地点から巻き戻して、前方を注視していなかったのか、スピードを出しすぎだったのか、などの具体的な過失の中身を推測していくわけです。

 

自転車の事故についても基本的には同じはずですが、自転車には通常速度メーターがありませんし、どの程度の速度で走行しているかという認識が乏しい場合があり得ます。

 

 

 

最近の自転車は昔の自転車と違ってかなりの速度が出ます。

 

配達のために使用している自転車だとすれば驚くほどのスピードが簡単に出せるものを使用しているでしょうから、その速度で接触衝突すれば身体に与える傷害等の結果も相当重いものになりかねません。

 

 

実際、自転車に乗っていて歩行者と接触し怪我を負わせてしまったときに、場合によっては数百万円を超える損害賠償義務が発生することもあり得ます。

 

保険に入っていればまだしも、保険に入っていなければ破産せざるを得ないとなりかねません。

 

また、未成年者が自転車で事故を起こしたような場合、親権者が法的責任を負うこともあり得ますから、日ごろから交通ルールを厳しく指導しておくことが重要です。

 

 

 

交通ルールを守ることは当然として、ヘルメットの着用や保険の加入などもう一度見直すべき時期かもしれません。

 

最近はおしゃれなヘルメットも販売されているようですから、日常的に自転車に乗る方でも心理的な負担なく着用できるかもしれません。

 

 

自動車 vs 自転車 での事故の場合、自転車が交通弱者となって、自動車の運転手の過失の方が大きいとされてしまう可能性があり得ます。

 

しかし、自転車も相当の速度を出せるようになってきていますし無謀な運転をする人もいます。

自動車側としても自転車が無謀な運転をしているのかどうかの証拠を残す必要がますます高くなっています。

 

360度のドライブレコーダーも販売されていますから自分や大切な人を守るためにも設置を検討してみてはいかがでしょうか。

自転車の事故に関する記事

各種相談はこちら

  • 遺産・相続問題
  • 離婚問題
  • 不動産問題
  • 交通事故問題・示談交渉
  • 労働問題・不当解雇
  • 債務整理・過払い金
  • 法人・法務・顧問契約
  • 刑事事件・弁護