長野市にあるおさだ法律事務所はあなたの未来のために働く弁護士事務所です。

おさだ法律事務所電話番号 スマホは↑をタップでお電話可能です!

家賃滞納~大家側~

家賃が長期にわたり滞納されている場合、どのような事態が考えられるでしょうか。

 

家賃は、自身や家族の生活のための出費として高度の必要性があります。

そのような家賃を滞納しているということは、心情的なトラブルの場合はともかく、借主の収入が激減し預貯金が底をつき始めているということが考えられます。

 

大家側としては、アパートなどを建築するにあたり一切借入れをしていないという場合はあまりなく金融機関から多額の借入れをしている場合がほとんどです。

返済予定は空室率を考慮して立てていると思われますが、単なる空室であれば入居者募集方法や賃料等の引き下げなどを検討し入居してもらえれば済みます。

しかし家賃滞納の場合は部屋が埋まっているのに収益が上がらないので空室以上に返済予定に与える影響が大きいと思われます。

 

そのため家賃を滞納している方には早期に退去してもらい、新たな借主に入ってもらうということが経営的には重要となります。

 

もっとも、借主側にとって住居というのは生活にとって極めて重要である一方、大家側としてはきちんとお金を払ってもらえさえすれば著しい迷惑行為等がない限りは誰が住んでもらってもいいと考えているはずです。

そのため、家賃の滞納が長期に及んでいる場合でなければ、裁判をしても退去請求は認められないというのが実情です(なお借主の合意があれば別です。)。

 

そうすると裁判で退去を求める場合とは滞納期間が長期になっていることが前提となりますから、滞納額も相当な金額になっているはずです。

裁判で滞納家賃の支払いを命ずる判決を得ても回収することはなかなか困難ですので、大家側としては、滞納家賃の回収を目指すために裁判をするというよりも、早期に退去してもらい新たな借主に入ってもらうために裁判をするという感覚が重要です。

なお、保証人に対する請求については別の記事で取り上げることにします。

 

もし裁判をすることなく一方的にカギを取り換えてしまったり部屋の中に立ち入ったり住居内の家財を処分してしまうというようなことは違法となる可能性が極めて高い行為です。

民事責任だけでなく場合によっては刑事責任を問われるリスクすらあります。

 

できるだけ早期に、そして、法的に問題がないように、退去を実現することが重要だということです。

 

当事務所では多数の経験に基づき大家側の経済的痛手ができる限り少なくなるようにご提案を致します。

そのためにもまずは賃料滞納のご不安を感じたら早期にご相談を頂ければと思います。

 

家賃滞納相談時にあった方がいい書類

 

・賃貸借契約書

・家賃が振り込まれる通帳

 

家賃滞納~大家側~に関する記事

各種相談はこちら

  • 遺産・相続問題
  • 離婚問題
  • 不動産問題
  • 交通事故問題・示談交渉
  • 労働問題・不当解雇
  • 債務整理・過払い金
  • 法人・法務・顧問契約
  • 刑事事件・弁護